プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

脱サラして小規模な古本屋を開業した男の顛末

f:id:IKUSHIMA:20180116220903j:plain y-ta.net

めちゃくちゃリアルで面白いなぁ。
ある業種を顧客側の視点だけで見てその雰囲気や生き方に憧れ、
現実的な計画も算段もなく始めてしまうと失敗する、という話。

心底、その業種で成功したくて、っていう起業なら
覚悟も下調べもやるんだろうけど、
サラリーマンが嫌だから、就職活動をしたくないから、
誰かに指示される立場にはなりたくないから、みたいな
逃げ道として起業した人はたいていこうなるだろうなぁ。

何かを始めようとする人が理想や心意気ばかりを語って
現実的な面を質問すると「なんとかなると思う」みたいな答えで、
「新たな一歩を踏み出すオレカッコイイ!」状態だと
もう周りが何言っても聞かないんだよなぁ。