プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

台湾の公用語が英語に変わることに

f:id:IKUSHIMA:20180905115522j:plain
jp.sputniknews.com


これまで台湾で使われている言葉は
中国語と台湾語が中心だったが、
2019年からは公用語を英語とすることに。


だからといっていきなり英語を話し始めるわけではないだろうが、
学校での教育内容や街の案内表示など
公的な部分から徐々に置き換わっていくだろう。


中国への依存度を下げて国際競争力を付けるなら
英語を主軸とする運用はアリだと思う。
大胆な政策だけれど個人的には大いに賛成。