プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


「地下迷宮に眠る謎2020」をプレイしました

阪神電車を使った街歩き謎解きから1ヶ月半、
次は名古屋の市営地下鉄を使った謎解きにチャレンジした。


リアル脱出ゲーム 感想その28
地下迷宮に眠る謎2020


f:id:IKUSHIMA:20201004204043j:plain
realdgame.jp


これは名古屋周辺を走る市営地下鉄を使って
いくつかの駅を移動しながらプレイする周遊型の謎解き。


これまでプレイした「7人の乗客の奇妙な1日」や
謎解きメトロ旅」と同じタイプだ。



f:id:IKUSHIMA:20201004204120j:plain


まずは駅にある交通局サービスセンターなどで
1日乗車券のついた謎解きキットを2300円で購入。


ただ、冊子の最初の数ページを開いただけで嫌な印象を感じた。
本筋に関係のない練習問題から始まり、
店の紹介と観光する際の心構えが何ページも続く。


謎解きかと思ったら地元の店舗に関するクイズばかりで
単なる当てずっぽうで答えるしかなく、
その答えが謎解きに絡むような造りにもなっていない。


わざわざ電車で移動したのに
ちっとも本来の謎解きが始まらず、
腑に落ちないまま次の駅が指示される有り様。


プレイを進めてもクイズの域を出ない問題ばかりで
期待していた気持ちよさが味わえず
ひたすらフラストレーションがたまった。


キット内の封筒を開いたあたりでやっと謎解き感が出てくるが、
後半も面倒なタイプの展開が多く、
解き方をひらめいても作業の煩わしさにウンザリする。


謎解きの冊子に無関係な観光情報が何ページも含まれる最悪の造りで、
全体的にやたらと観光を強制してくる雰囲気があり、
謎解きを楽しんでもらおうというより
店への立ち寄りや写真撮影を押し付けがましく勧めてくるばかり。


食事や休憩を含めて6時間ほどでクリアはしたものの、
最後はひたすらイライラしながら解く状態だった。
これまでプレイした謎解きの中でも最低と言えるデキで、
謎解き系の大手であるSCRAP主催なのに
かかった費用や時間に見合わない満足度の低い企画だった。

総アクセス数