プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


Apple Payを快適に使うための基礎知識

iPhone7以降、タッチするだけで支払いができる
「Apple Pay」が利用できるが、
問題なく使うための基礎知識をまとめておく。

あらかじめWalletアプリからカードを登録する


iPhoneにもともと入っているWalletアプリを立ち上げ、


すでに自分が持っているクレジットカードを取り込むか、
新たにSuicaを作る。


電車やバスなどに乗るにはSuicaが必要になるので
他のカードを使うにしてもSuicaは入れておくとよい。
ちなみに、もともと持っていたSuicaカードを取り込むと
カード側のSuicaはそれ以降、使えなくなる。


Suica

Suica

  • East Japan Railway Company
  • ファイナンス
  • 無料
Suicaのチャージや履歴の確認には
Walletとは別にSuicaアプリが必要になる。

店での支払い時にはその都度、認証が必要

店頭で支払いを行うときには
iPhoneのサイドボタンを素早く2回押して
顔認証や指紋認証を済ませておく必要がある。


認証したあとのタッチ受け付け時間はかなり長いので
割と早めに認証を済ませておいて構わない。

「Apple Payで払います」とは言わない

非常に間違いやすいところだが、
「Apple Pay」とはiPhoneで支払う行為の総称なので
店員に「Apple Payで払います」とは言わないのだ。
店員側はどの種類のカードを受け付けるのか設定する必要があるため、
「Suicaで払います」「QUICPay(クイックペイ)で払います」
「iD(アイディー)で払います」などと告げるのが正解。


QUICPayとiDのどちらになるかは
取り込んだクレジットカードによって変わる。


あとは店員の指示に従ってタッチするだけ。
特にコンビニのような少額決済の場面では便利だし、
どのコンビニもApple Payに対応している。

電車に乗るときは認証不要

Suicaを取り込んでいる場合、
上記のような「認証」の手順を踏まずに電車に乗ることができる。



設定の中の「Wallet と Apple Pay」で



「エクスプレスカード」にSuicaを選んでおくだけだ。


そうすればスリープ状態のiPhoneを改札機に当てるだけで
自動的にWalletが立ち上がって清算される。


ただし、一部のバスやSuica対応の自販機などでは
認証の操作をしておかないとうまく反応しない場合がある。
タッチだけで清算できなかった場合は
とりあえず認証作業をしてしまうとよい。



mclover.hateblo.jp

総アクセス数