プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

若い人にオススメするお金の管理方法

f:id:IKUSHIMA:20180330162553j:plain


新年度を迎えて、これから社会人のなる人や
社会人になって数年目の若い人向けに
私自身の反省と振り返りを踏まえて
オススメのお金の管理方法を書いておく。

なるべくクレジットカードを使う

1%以上のポイントが付くクレジットカードを作り、
使える場所では可能な限りカード利用していく。
クレジットカードからチャージした際にポイントが付くのであれば
SuicaやWAONなどの電子マネーでも構わない。


カードを中心に利用することで
ATMの利用頻度を下げ、余計な手数料を省く。
(こまめにATMから金を下ろすなど愚の骨頂)
もちろん、通販の代引き手数料も無駄すぎる。


現金よりもカードの方がセキュリティ面でも優れているし、
同じ金額の出費でもポイントが付くカードの方が得になる。
キャッシュレス社会への転換は避けられないため、
若いうちからさっさとカード利用に慣れておく。
ただし、支払い方法は翌月1回払いのみで、
リボ払いは利子が法外なので絶対に利用しないこと。


また、貯めたポイントで
使わないような景品をもらっても仕方がないので、
現金同様に使えるAmazonギフト券や
換金しやすいJCB旅行券などと交換できるカードがよい。

まず貯金額100万円を目指す

給料日前に金欠になったり、カードの引き落とし日に
口座残金を気にしないといけないような状態では
日々の資金繰りが危なっかしすぎる。


100万円の預金があれば
いざというときの出費にも対応できるし、
仕事を辞めても半年ほどは生活することができる。


普段の生活に不安がない預金があれば心の余裕が生まれる。
毎月3万円なら約3年、ボーナスを投入すれば2年。
とりあえず100万円は優先して貯めることを勧める。

医療保険・生命保険は不要

20代で死ぬ可能性は極端に低く、
生活資金を遺すべき子供もいないなら保険は不要だ。


病気になったとしても
健康保険や高額療養費制度があるため、
ほとんどは手元にある資金でなんとかなる。


社会人は保険に入るもの、という空気があるかもしれないが、
リターンのない固定費を作るぐらいなら貯金した方がいい。

100万円以上の資金は中長期投資に回す

100万円の生活資金があれば
それ以上は銀行預金で遊ばせるよりも
中長期投資で増やしていった方が有益。


投資は余剰資金で行うのが鉄則だし、
若いからこそ時間のかかる中長期投資が
低いリスクで着実に資産を増やせる。


投資資金がないうちから知識を得てしまうと
実践したいのに元手がなくてやきもきするので、
ある程度の余剰資金が貯まってから
投資の基礎を勉強し始めるようにした方がいい。


ーーー


金がいくら入ってきて、いくら出ていってるのか、
価値を生まない無駄な手数料を払っていないか、
利益に変えられるチャンスを逃していないか、
そういった資産の流れ(キャッシュ・フロー)を
俯瞰的につかむ感覚を早いうちに身につけた方が良い。


また、自分の価値を上げるための投資なら
惜しまずに金を使った方が良い。
歳を取るほど同じ能力を得るのにコストがかかるようになる。


一口に「出費」と言っても、それが
消費なのか、浪費なのか、投資なのかを考えるようにしよう。