プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

「気づいた人がやる」は気づいた人が損をしないようにすべき

f:id:IKUSHIMA:20180223154523j:plain
sonykichi.hatenablog.com


おそらくゲーム開発に限らず、どの職場でも言えることだろう。
問題に気づいたり改善提案した人にその対応をやらせる文化だと
能動的に動いた人ほど負担が増えるため、
優秀な人が潰れてしまったり、
問題に気づいても報告しないようになってしまう。


理想的には、上の立場の人間が仕事量と適性を踏まえて
適切な人に対応業務を割り振ることだろう。
ただ、仕事が増えることを嫌う人が多い職場だと
「問題発見・改善提案する人=仕事を増やす人」と見なされ、うまくいかない。


となると、業務をこなした人の成果を正しく評価するしかない。
状況改善の努力がきちんと評価されるなら
一緒に取り組んでくれる仲間も生まれるだろうし、
新たな改善に取り組む意欲も失われない。


結局、「やればやるほど得をする」という単純な理屈を
どれだけ徹底できるかが大切なのだ。