プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

右利きでもAppleWatchのダイヤル部分を左側に設定する方が便利かもしれない

f:id:IKUSHIMA:20181107132242j:plain


右利きなので今までAppleWatchを左腕に着けて
右手でダイヤルを触るのが自然なイメージだったが、
バイクのハンドルを握るように手首を返したり
机の上に手をついたときに手の甲にダイヤルが当たることがあった。


AppleWatchは「ダイヤルを押し込む」という独特な操作があるため、
手が強く当たると誤操作につながるのだ。
そこでふと思い立ってダイヤル部分(デジタルクラウン)が
左側に来るように設定してみた。


AppleWatchは「どちらの腕に着けるか」とは別に
「ダイヤルをどちら側にするか」が設定できるようになっている。


f:id:IKUSHIMA:20181107132657j:plain


iPhone上のWatchアプリで「一般」を開き、
「ウォッチの向き」を選択。


f:id:IKUSHIMA:20181107132706j:plain


その中で「左にDigital Crown」を選ぶ。
するとAppleWatchの表示が上下反転する。
AppleWatch本体でも同様の操作が可能だ。


f:id:IKUSHIMA:20181107133837j:plain


あとはベルトも外して
上下のパーツを入れ替えて付け直す。


f:id:IKUSHIMA:20181107111718j:plain


いざ着けてみると大きな違和感はなく、
右側がスッキリしているのが心地いい。
今までダイヤルは親指と人差し指でつまんで回していたが、
親指だけでもまったく問題なく回すことができる。


しかも空いた人差し指で画面操作ができるので
アラームを設定するときなどは
むしろ今までより早く操作できるぐらいだ。


ダイヤルが袖口に隠れやすくなるのは好みが分かれるところだが、
先入観を捨てて左右を入れ替えてみるのも悪くない。