プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。


磁力で吸いついてくれる充電ケーブルが死ぬほど便利


2016年ぐらいまでのMacの充電ケーブルは
磁力で吸い付いて接続できる「MagSafe」という規格になっていて、
これが非常に便利で素晴らしい使い心地だった。


ケーブルを接続するときに
ググッと端子に差し込む必要がないので楽だし、
万が一、ケーブルを引っ掛けたときも
マシンが引っ張られる前に外れてくれるので安全だ。


惜しいことに最近のMacはUSB-C端子に変わってしまい、
ケーブルの抜き差しが面倒になってしまった。


しかし、そんなUSB-C端子を
MagSafe化してくれるアイテムが売っている。


磁力でくっつく2つのパーツからできており、
一方をMacのUSB端子に差し込み、
もう一方をケーブルの先端に装着すれば
磁力で簡単に接続できる状態になる。


f:id:IKUSHIMA:20210424002131j:plain


f:id:IKUSHIMA:20210424002122j:plain


純正のMagSafeと比べると使い心地が劣るが、
世の中の充電ケーブルはすべて
この仕組みになって欲しいほど便利だ。



直接挿した場合と比べて充電速度が遅いのが難点だが、
スマホに使える似たような商品もあるので
ケーブルの抜き差しが多い場所にはぜひ使っていきたい。

総アクセス数