プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

いまだにブルーレイのことを「DVD」って呼んでる

f:id:IKUSHIMA:20180426163523j:plain


ブルーレイディスクを再生できる環境もかなり浸透し、
映画などを買うときも借りるときも「どうせなら」と
DVDではなくブルーレイを選ぶようにしている人は多いだろう。


それなのに、いまだにみんな「DVD」と呼んでる。


実際にはブルーレイディスクなのに
「そのDVD持ってる」「DVDレンタルしてくる」とか言うし、
世の中には「DVDランキング」や「DVDレビュー」があふれている。


「テープ」→「CD」や「ビデオ」→「DVD」への移行はすんなりいったのに
「DVD」→「ブルーレイ」はなかなか定着しない。形が同じだとダメなのか。