プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

「英語がうまくなりたいから外国人の友達が欲しい」というのは、ずいぶん自分勝手な望みだ

f:id:IKUSHIMA:20180626105842j:plain


「英語がうまくなりたいから外国人の友達が欲しい」
という望みを言う日本人は多いが、
これはかなり自分勝手な発言だと思う。


ここには「四六時中、無条件に教育してもらいたい」という身勝手さと
「外国人であれば誰でもいい」という傲慢さがある。
「友達」という言葉でごまかしているだけで
実際に欲しがっているのは「無料講師」だろう。


「料理がうまくなりたいから調理師の友達が欲しい」
「パソコンに詳しくなりたいからITに強い友達が欲しい」
果たしてそんなことを言う人と友達になりたいと思うだろうか。


また、相手の外国人が「日本語を勉強したいから」と
日本語でのコミュニケーションを希望してきたら
自分にはメリットがないからと縁を切るのだろうか。


それに、友達として付き合うなら
多少のやり取りができる程度の英語力を身に付けるのが先だ。
まったくしゃべれないなら友達にはなれないわけで、
友達を作りたいなら自分が先に努力を済ませておくべきだろう。


友達になるには自分にもそれ相応の魅力が必要だし、
相手に何かしてもらいたいなら
自分も相手のために力を尽くす気持ちがいる。


日本人同士の友達なら言わなくても意識していることなのに、
なぜか外国人を無料英語講師扱いしてしまう人が少なくない。