プチメタ3.0

刺激を受けた物事に対する感想や考察、資産運用や英語学習、自己成長に関することなど。

7人の乗客の奇妙な1日<神戸編> 感想

先日紹介した阪神電車の謎解きイベントについて
最初に挑戦した序章編につづき、
神戸編もプレイしてみた。


リアル脱出ゲーム 感想その15
7人の乗客の奇妙な1日<神戸編>


f:id:IKUSHIMA:20190808222736j:plain
www.team-zepet.com


これは神戸~大阪間を走る阪神電車を題材にした謎解きで、
駅とその周辺を行き来しながら解いていくもの。
「神戸編」は3部構成のうちの2作目となる。


f:id:IKUSHIMA:20190809214920j:plain


最初に阪神電車の梅田駅、尼崎駅、甲子園駅、
御影駅、神戸三宮駅、新開地駅のどこかに行き、
駅長室で謎解きキット(2000円)を買う。


ゲーム内容は独立しているので
序章編をプレイしていなくても問題はない。
また、今回のキットには1日乗車券が付いてくるので
電車の乗り降りに伴う新たな交通費は必要ない。


LINE

LINE

  • LINE Corporation
  • ソーシャルネットワーキング
  • 無料

序章編と同様に、謎解き中はスマホのLINEを使って
登場人物と会話しながら進めていく。
特定のキーワードに自動返答するだけの仕組みだが、
不思議と複数の人物と連絡し合っている気分になる。


謎が解けると次に向かうべき駅がわかる仕組みで、
クリアまでには結構な回数の電車移動が必要。
駅周辺を歩く距離もそれなりに長いので
丸1日を費やすつもりで取り組む方がいい。


また、途中でとある施設に立ち寄る必要があるが、
16時までしか入れないので要注意(入場は無料)。
入れなかったときの救済措置が用意されているとはいえ、
できればプレイ時間をうまく調整したいところ。


無料だった序章編ですらなかなかのボリュームだったが、
神戸編はその何倍もある濃い内容で、
休憩を挟みつつもクリアまでは6時間もかかった。
さらに1時間ほどのボーナスステージまで用意されている。


LINEを通してヒントをもらえるのだが、
すでにわかっている内容ばかりで肝心な情報が出てこず、
結局すべて自力で解くことになった。
うまくひらめかなければ手詰まりになるところだった。


終盤になるとひとつの謎にじっくり取り組む必要があるが、
あまり栄えていない地域が多いのか、
休憩できそうな店がうまく見つからなくて苦労する場面があった。


日差しが強い夏場ということもあって大変だったが、
地域ごとの特徴をうまく活かした謎ばかりで
なんとか解き切ったときにはかなりの達成感を感じた。


序章編でまず雰囲気を確かめ、
それに満足した人はぜひチャレンジして欲しい。